税理士の果たす役割について、詳しく丁寧に解説するサイト『岡崎先生と学ぶ税理士の役割』
税理士の果たす役割について、詳しく丁寧に解説するサイト『岡崎先生と学ぶ税理士の役割』

税理士とは、会社や個人の方が様々な場面で生じた所得に関して確定申告をする際の、良き
アドバイザーであります。
会社や個人の実態を把握して税金を法律に沿って解釈することはもちろんですが、場合に
よっては厳しいアドバイスをすることも必要です。
日々変化していく会社の経営状況、税制の中で、適正かつ節税へと導く役割を担っている
のが税理士なのです。
このサイトでは税理士の役割について解説しています。
税について興味のある方など、ぜひお読みください。

山本富彦税理士事務所(岡崎市)
相続税対策のご相談を承ります。お気軽にお電話ください。
〒444−0814 岡崎市羽根町字小豆坂165番地1
Tel:0564-55-3320
http://x-yz.jp/

税金の意味

私たちは憲法によって個人の権利が守られ、認められています。その代わりに安心して暮らしていくため、税金を国に納めるのです。

納税と節税

国民の義務の一つである納税について、各企業の状況に応じて適正な税金計算をします。企業の税金計算と共に、納税の正しい目的を伝えることも基本的役割となります。

アドバイス

少しでも納税額を減らしたいと考えることは誰しもありますが、節税も度を越えてしまうと、脱税や不正行為へと繋がってしまいます。

良きパートナー

一昔前までは、税理士は上の立場からアドバイスをするだけで、経営者はそれを一方的に聞くだけの関係でした。

納税

働いて得たお金を納税として多くの金額を持っていかれることに対して、不満をもっている人も多くいます。

業務委託

税務顧問契約に加え、企業・個人の方の記帳代行や給与計算、出入管理等の経理業務を委託することも可能です。